2008年07月09日

全般急反発!

米国株相場レポート

7月 8日

森  崇

全般急反発!


(背景)
1.金融株に好材料が出た。
@JPモルガンのダイモンCEOが住宅ローン担保証券(MBS)の一部に買い手が戻りつつあると発言した。また、米政府系住宅金融のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)が住宅市場に流動性を供給しているとコメントした。
A米政府系住宅金融会社
米連邦住宅公社監督局(OFHEO)のロックハート局長は8日、米政府系住宅金融のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)が住宅市場の低迷を乗り切り、新会計基準を満たすのに十分な資本を保有しているとの見解を明らかにした。ファニーメイとフレディマックの自己資本は適切で、住宅ローン市場の危機を乗り切れるし、新会計基準が当局の資本に関する判断に影響を与えることはないはずだとした。
BバーナンキFRB議長が連銀窓口での証券会社向け貸し出しについて2009年まで延長する可能性があると明らかにした。

2.ニューヨーク原油先物相場が大幅続落。
(背景)
@5月の米中古住宅販売成約指数は市場予想を上回る落ち込みだった。
Aイランのアハマディネジャド大統領は8日、イスラエルや米国との戦争の可能性を否定する発言をした。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物8月限は前日比5.33ドル(3.77%)安の1バレル=136.04ドルで取引を終えた。

ダウ指数は前日比152.25ドル高の11,384.21ドル、S&P500指数は同21.39ポイント高の1,273.70、ナスダック指数は同51.12ポイント高の2,294.44で引けた。

引け後、アルミ大手のアルコア(AA)が好決算を発表。売上高、EPSが予想を上回った。アルミ価格の上昇がコスト増加を上回る効果を発揮した。引け後のOTC取引で、同社株は引け値より1ドル近く上昇(NY時間午後5時25分現在)。

clip_20080709_01.JPG


(米国株相場にとっての強材料)
1.米政府系住宅金融会社
米連邦住宅公社監督局(OFHEO)のロックハート局長は8日、米政府系住宅金融のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)が住宅市場の低迷を乗り切り、新会計基準を満たすのに十分な資本を保有しているとの見解を明らかにした。ファニーメイとフレディマックの自己資本は適切で、住宅ローン市場の危機を乗り切れるし、新会計基準が当局の資本に関する判断に影響を与えることはないはずだとした。

2.バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は8日、以下の通り発言。証券会社への貸し出しを継続すれば、利上げに動きづらくなるとの見方が
あった。

  (発言要旨)
★連銀窓口での証券会社向け貸し出しについて、2009年まで延長する可能性ある。FRBは金融安定に向けて全力を挙げている。プライマリーディーラー向け融資を年末以降も続けることを含め、幾つかの選択肢を検討している。
★投資銀行の破たんに対して、連邦政府当局主導による清算の枠組みを創設する案を支持する。米財務省が監督当局などと協議しながら、主導的役割を果たすべきだ。

3.イランのアハマディネジャド大統領は8日、以下の通り発言。

  (発言要旨)
★われわれは世界に平和と安全をもたらすために最大限の努力を重ねている。心配する必要はない。

4.米資産家のブーン・ピケンズ氏は、米国の原油輸入への依存度を引き下げることを目指す全米向けエネルギー計画を提唱。米国は原油消費量のほぼ70%を輸入に頼っており、最悪の事態にかなり近づいている。問題はわが国が年間7000億ドル相当の原油を輸入していることだ。この数字は7000億ドルにとどまるものではなく、さらに拡大する。ただし、天然ガスを使用する自動車の導入で原油輸入は38%縮小できる。また、風力発電で2010年までに20万メガワットの電力を創出できると表明。

5.JPモルガンのダイモンCEOが住宅ローン担保証券(MBS)の一部に買い手が戻りつつあると発言した。また、米政府系住宅金融のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)が住宅市場に流動性を供給しているとコメントした。


(米国株相場にとっての弱材料)
1.リッチモンド連銀のラッカー総裁は8日、以下の通り発言。

  (発言要旨)
★深刻な景気低迷の脅威が緩和し始めるているため、米金融当局はインフレ抑制を目的に利上げを検討する必要がある。
★経済のプラス成長を予想しているが、年内は非常に緩やかな成長にとどまろう。来年は徐々に加速するとみている。
★景気拡大の下振れリスクは決して無視できないが、私の見方では年初以来、著しく低下している。

2.5月の卸売在庫は前月比0.8%増加(前月は1.4%増加)し、予想(0.6%増)を上回った。在庫比率は1.08カ月と前月の1.09カ月から低下。

  (内訳)
農作物在庫は5月に1.1%増、金属在庫は2.7%増、コンピューター機器の在庫は3.5%増加した。自動車は在庫は0.1%増加。耐久財在庫は0.8%増、非耐久財在庫は0.7%増加した。石油在庫は1%減と、前月の7.3%増からマイナスに転じた。

3.全米不動産業者協会(NAR)が8日に発表した5月の中古住宅販売成約指数は前月比4.7%低下(前月は7.1%上昇)し、予想(3%低下)を上回る落ち込みだった。

4.米連邦準備制度理事会(FRB)が8日に発表した5月の消費者信用残高は前月比77億8000万ドル増加し、2兆5700億ドル(4月は前月比77億6000万ドル増加)となり、予想(75億ドルの増加)を上回る伸びとなった。クレジットカードを中心とした回転信用は前月比56億9000万ドル(前月4億ドル減)と急増。自動車・移動住宅・教育向け非回転信用は20億9000万ドル増(前月82億ドル増)に減速した。

5.アルコア(AA)
アルミ大手のアルコアなど金属株が安い。エネルギー価格の高騰で世界の経済成長が鈍化し、建設や自動車生産に使用される鉄鋼や、配管や配線に使われる銅の需要が抑制されるとの思惑が売りを誘った。

6.グッドリッチ・ペトロリアム(GDP)
石油・天然ガス開発・生産会社のグッドリッチ・ペトロリアムは300万株の増資計画を発表。増資は1株当たり利益の希薄化につながる可能性がある。

7.インディマック・バンコープ(IMB)
上場来最大の下落。同社は全従業員の半分を超える削減を実施する方針を示すとともに、損失が拡大するなか増資ができなかったことを明らかにした。

8.オフィス・デポ(ODP)
19年前の新規株式公開以来最大の下げとなった。オフィス用品小売り世界2位の米オフィス・デポは8日、2008年4−6月(第2四半期)の利益率が予想より大幅に低下したことを明らかにした。売上高減少が原因。

9.オリエント・エクスプレス・ホテルズ(OEH)
2006年11月以来の低水準。メリルリンチは、高級ホテルなどを所有・運営するオリエント・エクスプレス・ホテルズの投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に引き下げた。ホテル業界の需要減速が理由。

10.VMウェア(VMW)
ソフトウエアのVMウェアはダイアン・グリーンCEOを更迭するともに、08年の売上高が従来の会社予想に届かないとだろうとの見通しを明らかにした。


個別銘柄編
投資判断変更
1. ワイス(WYE)
カリス&カンパニーが、同社の投資判断を“平均以上”から“平均”に引き上げた。


個別銘柄編 
価格目標変更
1. ハーレー・デビッドソン (HOG)
UBSが、同社の目標価格を39ドルから37ドルへ引き下げた。また、投資判断は“中立”とした。

2.スリー・エム (MMM)
UBSが、同社の目標価格を95ドルから84ドルへ引き下げた。また、投資判断は“買い”とした。

3.ペトロブラス (PBR)
リーマン・ブラザーズが、同社の目標価格を62ドルから65ドルへ引き上げた。また、投資判断は“イコールウエイト”とした。

4.エクソン・モービル(XOM)
リーマン・ブラザーズが、同社の目標価格を101ドルから102ドルへ引き上げた。また、投資判断は“イコールウエイト”とした。

5.アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)
リーマン・ブラザーズが、同社の目標価格を45ドルから29ドルへ引き下げた。また、投資判断は“イコールウエイト”とした。





=以上= 

posted by mori at 08:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。